Wikipedia ARTS 京都国立近代美術館 コレクションとキュレーションを開催しました。

Wikipedia ARTS 京都国立近代美術館 コレクションとキュレーションを開催しました。10イベント申込ページ / Facebook告知ページ

2016年5月22日、京都国立近代美術館で開催し、約20名の方にご参加いただきました!

今回は、京都国立近代美術館のコレクションを用いた展覧会「オーダーメイド:それぞれの展覧会」に合わせて、牧口千夏氏(京都国立近代美術館主任研究員)と高橋悟氏(京都市立芸術大学 教授)をお招きして開催しています。

IMG_20160522_144725

まずは、ARTLOGUE鈴木さんから、Wikipedia ARTSの趣旨説明を行いました。

11

つぎに、オープンデータ京都実践会の青木さんから、実践会の活動報告を行いました。

12

その後、京都市立芸術大学 教授の高橋悟氏から、近代美術のキュレーションについて解説頂きました。

イベント時に京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで開催した「still moving – on the terrace」展では、会場のバックヤードと展示室を入れ替えたり、2015年に開催したPARASOPHIA(京都国際現代芸術祭)の展示物のネタばらし(?)もして頂きました。

他にも、「Wikipedia ARTS」、「オーダーメイド:それぞれの展覧会」、「「still moving – on the terrace」に共通するキーワードとして、「介入」を提示し、今回は、各チームが選んだ作家を編集するだけではなく、その作家を別の項目に介入させる 新たなルールの提案をして頂きました。

13

高橋氏の解説後、京都国立近代美術館の牧口千夏氏によるギャラリーツアーをして頂きました。
オーダーメイド:それぞれの展覧会」は、鑑賞者が順路やテーマを選択しながら鑑賞することで、見え方が変化する展覧会ですが、時間の都合上、順路を決めて牧口氏の解説を受けながらの鑑賞しています。

展示物単体だけで無く、それらの並びや会場のレイアウトまで意味を持たせている点を解説して頂きました。
今度、展覧会に足を運んだ時は、展示物の並びや配置も見ながら鑑賞してみては如何でしょうか?

ギャラリーツアーを終えた後は、お隣の京都府立図書館へ移動してWikipediaの編集です。
Miya.Mさんからウィキペディア執筆のレクチャーを受けた後、チームに分かれて作業開始!

今回、チーム毎に以下のページ編集を担当することになりました。

  • Aチーム:デュシャン、笠原恵実子
  • Bチーム:野島康三、森村泰昌
  • Cチーム:澤田知子
  • Dチーム:長谷川潔

京都府立図書館の是住さんが「本気を出した」書籍群を前に、何から調べようかと悩む参加者達。
※執筆作業を効率化するため、あらかじめ司書さんがイベントのテーマに沿った本を選書しています。

チーム毎に何を書くか(概要、経歴、作品など)と、それそれに担当を決めて作業していきます。
今回のキーワードである「介入」を実践するため、既存ページにリンクを追加することもしていました。

今回、いつも以上に時間が押していたため、どのチームからも「まだ作業中。発表は最後にして!」といった悲痛(?)な叫びを上げてましたが、それでも、なんとかページの更新を終えて発表して頂きました。

編集作業の結果、笠原恵実子野島康三森村泰昌澤田知子長谷川潔バーナード・リーチ泉(デュシャン)ハンナ・ヘッヒの8ページを編集しました。

また、スクールデイズ見合い澤田知子ブッシュカン野島康三森村泰昌の介入(追記)もしています。

イベント終了後、参加者みんなで記念撮影。お疲れ様でした!

42

次回のWikipedia ARTS並びにオープンデータ京都実践会のイベントは検討中です。
詳細が決まれば、FacebookやDoorkeeperでお知らせしますので、しばらくお待ち下さい。

また、一緒に活動する仲間も募集しているので、イベントに来て頂いた際にお気軽に申し出てください。

Wikipedia ARTS 弘道館と京都の文人サロンを開催しました。

Wikipedia ARTS 弘道館と京都の文人サロンを開催しました。
遅くなりましたが、当日のレポートです。

36855_normal_1451562487_wiki_arts_koudoukan_img_01

イベント申込ページ / FBでの告知ページ

2016年2月6日(日)、有斐斎弘道館を会場にイベントを開催しました。約20名の方にご参加いただきました!

会場は、文化3年(1806)に儒者・皆川淇園により創立された「弘道館」を現代の学問所として復興しようと、文化人や企業人が立ち上がり設立した有斐斎弘道館でした。この日は、着物や和小物を身に着けて江戸時代の文人気取りで参加することが推奨され、女性4名と男性2名が着物を着て参加されました。DSCN0326.JPG

まずは、オープンデータ京都実践会の青木さんから、オープンデータについてや今日のイベントの内容について説明を行いました。DSCN0335

続いて、太田達さんより、皆川淇園や淇園と交流のあった文化人についてや、当時の弘道館が学問所としてどのような位置づけで存在したかなどのレクチャーを受けました。そして、荒廃していた弘道館の跡地へのマンション建築の動きに対して、保存運動を起こし、弘道館跡地に建っていた屋敷や庭の整備などを実施されている活動についての話や、現在ではこの場所を利用して、茶道、和歌、能に関する講座を「チャカポン(井伊直弼のあだ名。茶の湯と和歌、ポンとなる能の鼓)」という言葉を用いて開催していることなどをお話しいただきました。

そして、素敵なお庭を見ながら茶室へ移動。一つ一つ貴重な器に入れていただいたお茶とお菓子をいただきました。

チャカポンに親しんだ後は、いよいよウィキペディアの記事の執筆です。Miya.Mさんのウィキペディア執筆レクチャーを受け、チームに分かれて作業開始!

京都府立図書館の関連資料を元に編集を行い、皆川淇園弘道館 (皆川淇園)富士谷御杖月僊幸野楳嶺与謝蕪村の6点の記事に加筆しました。また、弘道館の写真をコモンズにアップロードして該当項目の加筆に使用しました。

淀地域を、歩いて調べて発信しよう~伏見オープンデータソン(その2)淀城址・與杼神社付近を開催しました。

歩いて調べて発信しよう~伏見オープンデータソン(その2)淀城址・與杼神社付近を開催しました。

20151213_042804761_iOS

イベント申込ページ / FBでの告知ページ

2015年12月13日(日)、妙教寺を会場に伏見オープンデータソンとしては2回目のイベントを開催しました。約20名の方にご参加いただきました!

会場の妙教寺20151213_004155374_iOS (2)

まずは、オープンデータ京都実践会の青木さんから、オープンデータについてや今日のイベントの内容について説明を行いました。20151213_011619620_iOS

続いて、会場をご提供くださった妙教寺の住職さんより、淀の歴史ならびに、妙教寺の歴史についてのレクチャーがありました。20151213_022058531_iOS

その後、淀みず車(ぐるま)の会のみなさんより、淀の歴史の紙芝居を上演いただきました。とても分かりやすかったです!20151213_015354184_iOS

引き続き、オープンデータ京都実践会の榎さんよりWikipediaとWikipediaTownについて説明を行いました。20151213_023444258_iOS

その後、オープンデータ京都実践会の坂ノ下さんよりOpenStreetMapとマッピングパーティについてについて説明を行いました。20151213_025153846_iOS

お昼ご飯を食べた後は、いよいよ淀のまち歩きです!ガイドしてくださったのは、地元在住の鵜飼さん。『淀川両岸一覧』、『淀城下之図』などの絵図を見せてくれながらの説明に、当時の淀の情景を想像しながら歩くことができました。20151213_040216831_iOS

五番橋20151213_033814090_iOS20151213_042114250_iOS與杼神社20151213_043000067_iOS淀城跡公園に残る淀城の石垣20151213_044809096_iOS会場に戻って、編集作業です!こちらはOSM(OpenStreetMap)チーム。初めての方も全員世界デビューを果たしました!20151213_063402010_iOS12342595_1186898344671991_7194613244340462857_nWikipediaチーム。今回は京都市立図書館と京都府立図書館の資料、そして妙教寺さんの資料もお借りして記事を編集しました。20151213_063350198_iOS

最後に成果発表会!

OpenStreetMapチームは妙教寺、與杼神社、淀城跡公園とまち歩きを行った箇所を中心に、地図を充実させることができました。

Wikipediaチームは、妙教寺淀小橋を新規で作成し、與杼神社の内容に追加しました。また、初めて参加された方も、ウィキメディアコモンズにたくさんの写真をアップロードしました。20151213_072543991_iOS

最後に記念撮影。12341016_1187034251325067_6963231874222120137_n今回のイベントにご協力いただいた、妙教寺、淀みず車(ぐるま)の会、伏見まるごと博物館の皆様、ありがとうございました。

次回はいよいよ、3月5日(土)のインターナショナルオープンデータデイに合わせて、伏見でデータソンを開催します!ぜひご参加ください。

伏見オープンデータソン(その1)鴨川運河・藤森付近 を開催しました。

鴨川運河と伏見街道を、歩いて調べて発信しよう
〜伏見オープンデータソン(その1)鴨川運河・藤森付近〜

藤森神社
藤森神社:wikipedia

イベント申込ページ / FBでの告知ページ

2015/09/13(日曜日) 藤森神社で「伏見オープンデータソン(その1)鴨川運河・藤森付近」を開催しました。

昨年度(2014年度)は岡崎を中心に開催してまいりましたオープンデータ京都実践会、今年度は、場所を伏見に移しての開催となります。

その第1回目に選ばれたのが、「鴨川運河・藤森付近」です。

まだまだ暑い中、定員いっぱいの約30名の方がご参加くださいました。

会場の風景
会場の風景

10:00 主催者側挨拶

オープンデータ京都実践会の是住さんによる開催の挨拶でイベント開始です。

開催の挨拶
開催の挨拶

10:10 オープンデータとは&実践会のこれまで

続いて、オープンデータ京都実践会の榎木さんから、オープンデータの説明とこれまでの実践会の活動のご紹介がありました。

オープンデータ


10:20 藤森神社と深草、鴨川運河について

次に、今回のイベントの対象となる藤森神社と深草、鴨川運河について、京都市まちづくりアドバイザーの元深草担当でオープンデータ京都実践会の加藤さんと、本日ガイドいただく鴨川運河会議ウォーキングチームの杉田さんからお話いただきました。

藤森神社の歴史は1800年以上にも及び、伏見稲荷大社(2013年に1300年)よりも古いこと、このあたりが街道の分岐点として重要な場所であることなどを知ることができました。

その後、今回のイベントにご協力いただいた鴨川運河会議ウォーキングチームの皆さん、伏見まるごと博物館の皆さんをご紹介し、一言ずつご挨拶をいただきました。

昔の地図での地域の紹介
昔の地図をつかって地域を紹介
参加者に配布された「カモガワウンガ 100の視点」
参加者に配布された「カモガワウンガ 100の視点」

10:45 OSMとマッピングパーティについて

OpenStreetMap歴6年、世界遺産マッピングパーティ等を主催されている山下さんからOpenStreetMapとマッピングパーティについてお話いただきました。

OpenStreetMapのご紹介
OpenStreetMapのご紹介

11:05 WikipediaとWikipediaTownについて

続いて、WikipediaについてMiya.mさんからご説明をいただきました。

ウィキペディアについて
ウィキペディアについて

11:30 班分け、フィールドワークとお昼

ここから、OpenStreetMap班とWikipedia班に分かれてフィールドワーク開始です。

フィールドワークはまずは藤森神社を全員でまわり、その後、墨染方面運河コース、藤森方面伏見街道コースの2つのコースに分かれて行いました。各コースに1名ずつガイドさんについてもらってコースをまわります。

フィールドワークの対象地域
フィールドワークの対象地域
伏見街道コースの様子1
伏見街道コースの様子1
伏見街道コースの様子2
伏見街道コースの様子2

13:30 編集作業

コースを回った後、藤森神社の会場に戻って各自昼食を済ます形となりました。その後、編集作業へと進みます。

OpenStreetMapの編集風景
OpenStreetMapの編集風景
Wikipediaの編集風景
Wikipediaの編集風景

16:30 成果発表

まずは、OpenstreatMap班から成果の発表です。

今回の代表的な成果としては以下がありました。

  • 藤森神社が詳細化された
  • 鴨川運河の橋の名前が追加された
  • 伏見街道沿いの情報が増えた
藤森神社(作業前)
藤森神社(作業前)
藤森神社(作業後)
藤森神社(作業後)

次に、Wikipedia班の発表に。

今回、新しく作成されたWikipediaのページは以下です。

西岸寺
西岸寺の編集結果

歴史に詳しい方に聞きながら言葉を簡単して記載したり、本日撮影した橋の風景をまとめたりと、皆さん工夫をこらしながら編集されたようです。


17:00 クロージング、そして懇親会へ

イベントの報告は以上となります。

最後に、今回のイベントにご協力いただいた、藤森神社、鴨川運河会議ウォーキングチーム、伏見まるごと博物館、そして京都市伏見中央図書館の皆様、ありがとうございました。

次回も伏見で開催予定です。

会場前での集合写真
会場前での集合写真

Wikipedia ARTS 大阪新美術館コレクションを開催しました

27728_normal_1435607529_wiki_arts_osaka_01
イベント申込ページ
/ FBでの告知ページ

2015/08/30(日曜日) 大阪市立中央図書館で「Wikipedia ARTS 大阪新美術館コレクション」を開催しました。

大阪市立中央図書館
大阪市立中央図書館外観: Wikipedia

当日のあいにくの空模様にも関わらず、約40名もの方にご参加頂きました。
Wikipediaの編集は初めてで、美術館にはたまに行くと言う方が半数以上居られました。

DSC_0118


13:00 Wikipedia ARTS開始

まず、主催 ARTLOGUE鈴木大輔(オープンデータ実践会メンバでもあります)からWikipedia ARTSの趣旨説明を行いました。
Artとは何か、Artが持つ力と可能性、潜在的なニーズなどを熱く語って居られました。

1623607_1131596203535539_105551020172146814_n 4b15940b7419640e2e388553732ab259

次に、オープンデータ京都実践会青木和人からオープンデータとは何か、どう使われているか、オープンデータ京都実践会の成果報告などの説明を行いました。

11900004_1131597670202059_2833936723916340278_n 11909571_1131597283535431_2929908071922494659_n

その後、ウィキペディアン(Wikipediaの執筆・編集者)のベテランのMiya.m(オープンデータ京都実践会メンバ)からWikipediaを編集する際の注意事項やルールについて具体的な説明を行いました。

11219020_1131600583535101_832856757287347041_n 11951167_1131600650201761_3143312895828080870_n

メイン講演として、大阪新美術館建設準備室 研究主幹 菅谷富夫氏から美術館とはなにか、大阪新美術館について、大阪新美術館コレクションの作品などについてお話を伺いました。

11260884_1131601206868372_2239557966759110914_n 11059840_1131601760201650_2163480208116385793_n


15:00 大阪市立中央図書館にて調査、ライティング

少し休憩した後、Wikipedia ARTSの本番です。文献の調査とライティングが始まりました。
5~6名毎にチームを組み、チーム毎にWikipediaに掲載する芸術家を決めていきます。

qTMKp8azFbdg3-oN_xQFXLmuILx_QC71i99oGfCNy8mRpmNTrOCFS6T06vB2XKNqHSpnUg=w1215-h794 pw6WhtKBGsRbn5Sr2IMk3i8m7fFz1ZCUqAm9JMLIxoCKGt0yAfn-bmDnxxBC2DBgPRPsjw=w1215-h794

その後、Wikipediaに掲載する項目(人物、経歴、作品、受賞歴など)の担当を決めて、大阪市立中央図書館の司書さんが用意してくださった文献を読み、ウィキペディアンの指導を受けて、Wikipediaへの執筆を行いました。

yA1z-IhQoGx19cHGaClNFR4ptoNxTbKMw-4oHL2CAbcYXIV4u7Bv-eYuWaQUgg2Qe72CCw=w1215-h794 c9UYOdcJ08ZLiagu2VMN29XojKRo5FqUqN8IWOThgDY8PVnAfGneid6SupKkkf3CDzZOkw=w1215-h794

1時間半程度しか作業時間が無い中でも、全てのチームがWikipediaに掲載する快挙を果たしました。
と言っても、終了時間の寸前にギリギリ掲載したり、少しオーバーしたチームも多々ありましたが(笑)


 16:30 成果発表・記念撮影

今回のWikipedia ARTSでは、以下のページを新規作成・加筆しています。

作業後、各チームの成果発表を行いました。初めて同士のチームでよく作ったと感心してしまいました。

389Jc9fJw0-4Ppar_HPnhGukdWcqBe25rHwnsHfErzrcR92f6PleVOjBcMI-_i0L8BkN8g=w1215-h794  K93hn6kOzhTB9XoAv6oVuwto097akLkLbd18464873rYMVu2Ji_tvUkTIC4fBzXLKkUGtA=w1215-h794

参加者で記念撮影。次のWikipedia ARTSで、みなさんとお会いできる日を楽しみにしています!

11954619_1131605130201313_8651456500254604602_n

最後に、今回のイベントを主催された ARTLOGUEと大阪市立中央図書館のみなさま、協力して頂いた大阪新美術館建設準備室のみなさま、ありがとうございました。

Wikipedia ARTSを通して、Artとオープンデータに興味を持って頂けた方は、各地で開催されているオープンデータソンなどのイベントにも是非参加して頂き、これからも楽しんで頂ければ幸いです。

9月13日(日)には京都・伏見で「鴨川運河と伏見街道を、歩いて調べて発信しよう~伏見オープンデータソン(その1)鴨川運河・藤森付近~」を行いますので、よろしければご参加ください。

それでは、次回のWikipedia ARTSや各地のオープンデータソンでお会いしましょう!

オープンデータソン Kitagi in Kyoto 2015/7/4を開催しました

オープンデータ京都実践会の榎です
オープンデータソン Kitagi in Kyoto 2015/7/4を7月4日(土)に京都府立図書館を会場にお借りして開催しましたので、レポートします。

今年1月11日(土)-12(日)に岡山県笠岡市の北木島へ、オープンデータ京都実践会メンバが訪ねて第1回北木島オープンデータソンに協力・参加しました。
WikipediaタウンとOpenStreetMapのワークショップをセットで行いつつ、島の人たちと夜が更けるまでお話しました。(私も参加しましたが、お魚や牡蠣が美味しかった記憶があります)

北木島では、かつては石の産地として有名で、大阪城の石垣や日銀本店を始めとして各地で使われていることを知りました。採石場を始めさまざまなところを案内いただき、Wikimedia Commonsへの写真アップやWikipediaへの加筆、OpenStreetMapマッピング作業に加えて、JAUNTFULやUMAPを利用してガイドマップを作ったりもしました。

それから半年たち、今度は、京都で使われている北木石を見学に、北木島や笠岡市などから14名+1名(お子さんも)がいらっしゃいました。五条大橋大谷本廟建仁寺を回り、京都側はWikipediaタウン+OpenStreetMapのマッピングパーティを行いつつ、北木の方たちと交流を行いました。

作業時間をあまりとれなかったのですが、成果物としては、Wikimedia Commonsへの写真アップやWikipediaの五条大橋などへの加筆、OpenStreetMapでは大谷本廟が大分充実し、五条大橋や建仁寺も事前に地物をトレースし一部のタグが追加されました。

以下はWikimedia Commonsにアップされた写真の一部です。
五条大橋の欄干にある擬宝珠
五条大橋の欄干にある擬宝珠
大谷本廟入口の石灯籠
大谷本廟入口の石灯籠
大谷本廟の大賀蓮
大谷本廟の大賀蓮


(瀧口さんによる当日の発表資料)

懇親会でも、京都側11名、北木/笠岡など13名で大いに盛り上がり、石切唄なども聞かせていただき、帰るのが惜しいくらいでした。

今度は北木島へオープンデータソンとセットで遊びにいく、というお話もありますので、興味がある方はFBグループDoorkeeperに参加して、ウォッチしておいてください。

また、オープンデータ京都実践会としては、Wikipedia Artsを8月30日(日)で準備中、定例のオープンデータソンは9月に伏見で調整中です。
ぜひ、そちらもご参加ください!